2019年の<母の日>は<5月12日(日曜日)>です!

成人した娘にプレゼントされる母親の私と、年老いていく母にプレゼントする子どもの私と、今、両方を経験しています。「日頃の感謝を込めて~」と、決まり文句がそこかしこに掲げられていますが、感謝を、形にするのは難しい!!

感謝どころか、いまだに口答えしたり、全く連絡しなかったりと、親孝行どころではないです(反省)。せめて、母の日くらいは心のこもった贈り物をと思い、探し歩いてみました。

40代、50代、60代、70代、80代と、年代別にお贈りします。

 

あなたと友達感覚の40代のお母さんへ

苦労をかけた50代のお母さんへ

いつも働き者の60代のお母さんへ

まだまだ元気な70代のお母さんへ

ゆっくり休んでね80代のお母さんへ

あなたの想いを込めて!

スポンサーリンク

母の日に感謝と親孝行を!遠くに住むあなただからこそ、心を込めて!

「心を込めて」を形にするのは難しい!考えれば考えるほど難しい!面倒くさくなって、デパートからの営業メールの「母の日特集」の中から選んでしまったりします。

今でも親のお世話になっているあなたはもちろんの事、遠くに住んでいて話す機会が少なかったり、忙しすぎて少し疎遠になってしまったりしていませんか?近くにいてあげられない分、1年にたった1回だけの親孝行をしましょう。

母の日プレゼントの予算は、いかほど・・・

プレゼントしたい気持ちはあるけれど、現実的な予算はいくらくらいかな?相場はこのような感じです。

  • 1位:3,000円~5000円
  • 2位:2,000円~3,000円
  • 3位:1,000円~2,000円・5,000円~7,000円
  • 4位:8,000円~

贈る側の年齢や収入によってもだいぶ違いますが、一般的には、3000円~5000円くらいで、よろしいのではと思います。更に、送る場合だと送料が+1000円くらいかかりますね。

メッセージカードを、笑顔の写真とともに添えましょう

メッセージカードで、感謝を伝えます。長々書く必要はありません。

  • たった一言、「ありがとう」だけでも、手書きで書きましょう
  • 写真を添えましょう、できれば家族や友人、仕事仲間と一緒に写った写真がいいですね。

今はデジタルの時代ですので、メールやSNSで済ませる事もできると思います。でも、40代以上の人は、紙媒体で育った人たちです。画像をクラウドに保存しておいたり、プリントしたりするのは、面倒なのです。

テレビの横やタンスの上に写真立てがあって、子供の頃のあなたが笑っているのではないですか?親としては、その隣に今のあなたの笑っている写真を飾りたいと思っているのではないでしょうか。

自分だけの写真では恥ずかしかったら、社員旅行でみんなと楽しく笑っている写真とか、家族で撮った笑顔の写真などでいいです。というよりも、その方が良いですね。廻りの人達とうまくやっているんだなと親は安心できます。

あなたが、無事で笑って過ごしている事!それを知らせてあげる事!母の日のプレゼントに隠れた大事な親孝行です。

一般的に喜ばれる贈り物!1位~5位

毎年、順位が入れ替わりはしますが、いつも同じです。カーネーションは当然としても定番化しているのかな。

  • 1位:カーネーションや花束
    花束の場合は、やはりカーネーションを入れておきましょう。やはり色は定番の「赤」色です。「白、黄色、濃い赤」はダメですよ。「白は亡くなった母への色」「黄色は揺らぐ愛情」「濃い赤は、濃すぎる愛(悲しい愛)」という意味になるのだそうです。
    今年は、お花とともにスイーツが付いている物が人気のようです。オマケに美味しいものがついているというのは、嬉しいですよね!
  • 2位:スイーツ
    いつもより、高級なスイーツです。テレビで見たとか、わざわざ並ばなきゃ買えないとか、予約で大変などの普段では食べない美味しいスイーツですね。
  • 3位:洋服・衣料品
    春色のカーディや薄いマフラー、使いやすいエプロン、毎日の生活にかかせない日常品ですね。
  • 4位:外食
    いつもは行かないレストランや、行ってみたかったラウンジ等、美味しいお料理もいいですが、準備や後片付けしなくていいのが一番嬉しいのでは?
  • 5位:雑貨・小物
    欲しがっていたバック、くたびれていた財布を新調、履きやすい靴、何か気がつくものをプレゼントすると、覚えていてくれたんだなとか、見ていてくれたんだなと、感激しちゃうかもしれません。

今まで、私が贈ってきたものは、全てこの中に含まれていますね。デパートによっては、お品物と一緒にサービスでカーネーションを一輪付けてもらえたこともありました。

お母さん達に聞いた!もらって嬉しかったプレゼント1位~5位

喜ぶだろうと思ったプレゼントと、実際に喜んだプレゼントは少し違いがありました。共通するものもあるけれど、やはり、母親だなと、再確認ですね。

  • 1位:一緒にいる時間(外食や自宅ででもどこでも。特に子供が遠くにいる場合は尚の事)
    ダントツの1位だそうです。私は、プレゼントをもらう立場でもあり、あげる立場でもありますが、私の1位もこれですね。
  • 2位:感謝の言葉
    電話でなくても、一言もらえると、とても嬉しいとのことですね。
  • 3位:花束・カーネーション
    やはり、女性は、花束をもらうという事はいくつになっても嬉しいものですね。
  • 4位:実用品・小物
    古くなってきたお鍋を新調してくれた、カーテンを新しく買い替えた、綺麗な花瓶と花束をもらったなど、の実用を兼ね備えた、今欲しい物。
  • 5位:食事・スイーツ
    美味しい外食も嬉しかったそうですが、母の一番心に残った事は、1日家で家事を何もしなかった事だそうです。男性と違い、女性は365日家事から開放されない日はありません。お金には代えがたいものですね。

もらって嬉しかったプレゼントの1位と2位は、無料ですね(笑)。やはりココに「母親の愛」を感じます。私も、もし息子から「母さん、いつもどうも~」なんて中途半端に言われただけでも、飛びついて喜んでしまいそうです。

プレゼントを送るなら、感謝の言葉は「手書きのメッセージ」を添えることでOKですね。印刷された「ありがとう」のカードは全くダメダメです!たった一言の「ありがとう」は手書きで!これだけで、母はとても嬉しいものなのですよ。

「一緒にいる時間」が一番難しいですね。特に遠距離にお住まいの方は、残念ながら無理だと思います。顔を見せられる範囲内にお住まいなら、「プレゼントは手渡し」がベストですね。

プレゼントは、カタログから選んでもらう?

最近特に多いですよね。自分では選べないから、先様に選んでもらうようにするカタログのギフト。

普通のギフトなら有りだとは思うけれど、母の日のプレゼントは自分で選びましょう。母は、「あなたが選んでくれたプレゼント」というだけで嬉しいはず。

でも、失敗しないために、「何が欲しいか本人に聞いてみる」と言うのは有りだと思います。例えば、「財布」と言われても、いろんな財布の中から母に似合ったものを選ぶのはあなたですから。

「これ、娘がくれたのよ~」「私にはちょっと若いけど、息子が選んでくれたの!」と、自慢している母が目に浮かびそうです。

「母の日」なんてイベントに踊らされないわ!というあなたへ

幼稚園の頃から「母の日」イベントは健在で、「おかあさん、ありがとう」と書いた工作物に、造花のカーネーションを付けて、照れながら渡した記憶があります。この頃は、純粋でした。(笑)

大きくなってからの「母の日」イベントは、「バレンタインデー」に引けをとらないくらい商業化されてしまって、どうだかなあと、私も思います。

でも、母にプレゼントするなんて機会はそうそうないので利用させてもらって、母が喜ぶならば良いかな、と思っています。「母の日」じゃない日にプレゼントなんか渡したら、「何か企んでいるのじゃないの!?」と警戒されてしまいます(笑)

1年に1回、商業イベントに乗せられてみませんか?

親って、お(や)バカなので、こんなことで、1年間も笑顔になれるのですよ。


2019年の母の日、今年は僕はコレにしようかな。盆栽って思ったより可愛いね。そうなのよね~カーネーションも飽きちゃったし。ちょっと趣向を変えてみようかな

母の日に、お花の盆栽って面白くない?(笑)→ 盆栽 妙 ずっと大切にしてもらえるプレゼント

ボーッと考えているうちに、TVで「盆栽が盗まれる」ニュースをやっていて、あ、今年はコレにしよう!と決めた(笑)

盆栽を、母の日に送ってくれるところなんかあるかなあと思って探してみたら、ありました!

盆栽 母の日
https://www.bonsaimyo.com/special/mathersday/

今はまだ1月ですので、昨年の母の日のイベントしか載っていませんが、参考にはなります。近くなったら、また覗いてみようかな。

もっと、良いモノが見つかったら、また、更新しますね。楽しみにしてて下さい!

スポンサーリンク

40代から50代、更に60代や70代、80代のお母さんに喜ばれる贈り物とは!

年代によって、それぞれ違って当たり前かなとも思いますが、プレゼント選びの参考にしてもらえると、嬉しいです。

全ての年代のお母さんに共通するプレゼント

ズバリ!花束と食事です。鉄板ですね!このプレゼントはすべての年代に共通して喜ばれます。(鉄板=間違いない、確実な、という意味です)

自分の母親ではなく義理のおかあさんへのプレゼントは、工夫を凝らしすぎるより、安全な花束のほうが間違いない!(簡単だし)・・・ですね(笑)

食事は、おしゃれなレストランで一緒に食事!というのが一番良いかもしれませんが、一緒にお食事できないならば、お食事券をプレゼントするのも良いですね。

花束をプレゼントするには

よく利用するお花屋さんがあるならば、お母さんの好きな花を入れてアレンジしてもらって手渡しで渡せると最高ですね。

フラワーギフト通販のフジテレビフラワーネット

http://www.fujitv-flower.net/

お花を通販してくれるところはたくさんあるけれど、おしゃれで、値段も手頃で選べるし、スイーツとのセットもあるし、送料無料もある、「フラワーギフト通販のフジテレビフラワーネット」がおすすめです。

フラワーギフトの日比谷花壇の母の日特集(母の日コム)

http://www.hahanohi.com/

とても高級な花束を贈るなら、「フラワーギフトの日比谷花壇 」が、母の日特集をしています。さすがのネームバリューと品質ですね。

早めに注文しましょう

お花を注文するときは、なるべく早く注文しましょう。全国的にお花を贈る方が多いのは間違いありません。注文が遅れると、母の日当日に到着できない場合もあります。せっかくなので、当日着したいですね。

食事券をプレゼントするには

行きたくても行けなかったお目当てのレストランがあるならば、ピンポイントでそのお店を予約しましょう。

でも、「お食事券」を贈る方が喜ばれる場合もあります。お食事券の使用期限に注意は必要ですが、半年くらいの期限が設けられていますので、都合の良い日時を選んでいただけます。おすすめとしては、3件くらいあります。覗いてみてはいかがですか?  

  • ウェブギフト.jp 
    ギフトならWebgift.jpにおまかせ!温泉からグルメまで、あらゆるものを贈り物に!
  • 一休.com 
    物ではなく上質な時間を贈るギフトチケット
  • ジェフグルメカード 
    全国共通お食事券は全国35,000店舗で使えます

いつもの外食を更に気軽に食べていただきたい場合は「ジェフグルメカード」。非日常を楽しみたい方には、「一休com」「ウェブギフト.jp」ですね。

40代のおかあさんにおすすめのプレゼントは、コスメと洋服!

40代のお母さんは、下手すれば(いや下手じゃなくても)娘と姉妹に見られるお母さんもいっらしゃるのではないでしょうか。友達感覚のお母さんってこの年代の方が多いですよね。

コスメに対する、40代お母さんの知識は現役です。もちろんお化粧にも気をつけていて、お化粧法や流行にも敏感です。

洋服は、好き嫌いがあるし、着てみないとわからない事もあるので、カジュアルなものとか、ルームウェア的なものが良いですね。

母の日のプレゼントというより、お姉さんにプレゼントをするくらいの気持ちで選んだほうが、よさそうです。一般的に母の日のプレゼントは、もう少し高齢なお母さん向けが多いですからね。

50代のお母さんにおすすめのプレゼントは、美容液と洋服

50代になってくると、いろいろお肌のトラブルが本格化してきます。でも、美容液とかは結構お高いので、なかなか自分で買う勇気がなくて、どうしようかな~、何にしようかなあ、と思っているうちに、時は過ぎていく50代。

その時に、娘から「いつまでも綺麗でいて欲しいから」と小さな花束と一緒に美容液が貰えたら、かなり嬉しいと思います。他人からもらったら「何よ、私はまだ若いわよ!」ってムッとしてしまうかもしれませんが、そこは「娘」ですのでね。
娘だからこそのプレゼントです。

洋服のプレゼントは、花束、食事に次ぐ、鉄板ですね。綺麗に見えるのも大事ですが、この位の年齢から「若く見える」というのがとても大事になりますので、その辺は気遣いしましょうね。

60代のお母さんにおすすめのプレゼントは、旅行と服飾関係

60代になれば、子供も全員成人する頃ではないでしょうか。お疲れ様の意味も込めて少々奮発して、旅行などをプレゼントしてみてはいかがでしょう。非日常の世界で、ストレス解消間違いなしです。

旅行だったら

少し骨休めに、旅行などいかがでしょうか。例えば、伊勢神宮に行きたいとか、ゆっくりしてみたいとか、聞いたことはありませんか?旅行は、母の日当日という訳にはいきませんが、仕事の休みを合わせて、セッティングしてみては?

60歳を過ぎると、新幹線のシニア優待で、新幹線が割引になったり、大変お得なパック旅行が組まれていたりします。オトクな旅行で喜んでもらえたら、こちらもハッピーですね。

服飾関係だったら

ストールはいかがですか?首周りのデコルテも気になってくる頃です。最近、首周りを隠した洋服が増えたのではないですか?洋服の色によって変えるので、いくつあっても良いものです。春らしい軽いストールは気に入ってもらえると思います。

洋服だったら、これからの季節に重宝する、春らしい薄手のカーディガン等が、喜ばれます。

70代のお母さんにおすすめのプレゼントは、健康器具と服飾関係

仕事をされていたお母さんも、すでにリタイアして、ゆっくりされているのではないでしょうか。いつまでも元気でいてほしいと願いを込めて、健康器具が良いのでは!私は今年はフットマッサージャーにしようと思っています。

  • マッサージチェア 
    座椅子のようなマッサージチェアから、重装備の高級なマッサージチェアまでいろいろですが、1台あると、母だけでなく家族中が使えるので、皆さんによろこばれますね。
  • シルバーカー 
    70代も後半になってきて、歩くことがしんどくなっているお母さんには便利です。
  • フットマッサージャー 
    足裏を暖めながら揉んでくれるフットマッサージャ。(個人的には、オムロン、フットマッサージャ HM-241 ¥4000円前後)とおすすめです。Amazonや楽天などの通販ショップだと、価格は様々。品名と品番で検索してくださいね。(昨年のプレゼントはコレでした!)

いつまでも健康でいたいというのは、誰もが願うことだと思いますが、歳を重ねるにつれ切実な思いになります。

自分の体が自分の思った通りに動かなくなるなんて、若い頃には考えたこともなかったはず。「老々介護」とよく聞きますが、介護する側も介護される側も、願ってはいないはずです。

「老い」は、足腰が弱くなると、途端に急速に進みます。自分の行きたい時に、自分の足で、自分行きたい所へ出かけられるというのは、とても幸せな事です。その為にも、「おみ足」には、元気でいてもらわなければ!(笑)

80代以上のお母さんにおすすめのプレゼントは、ズバリ、あなたです!

何を差し上げても、ハンカチ1枚でも、喜ばれると思います。物ではなく、あなたの顔を見ることが一番の幸せだからです。

だからといって、母の日に会社を休むことは出来ませんし、遠くまで行く事は、無理かもしれません。

電話で元気な声を聞かせてあげましょう!笑顔の写真を送りましょう!

物を贈っても、もったいないからとそのまま取って置くおかあさん(おばあちゃん)が多いです。贈るなら、本当に普段使いの物が良いと思います。

それよりも大事な事は、「私は、今、元気でやっているよ!」ということを知らせること。「お母さんのことを想っているよ」と知らせることです。逢えないなら、声や写真でも構いません。

プレゼントは、何でも構いません。何を贈っても喜んでいただけると思います。

OH!まとめ

  • 母の日のプレゼント予算額は、5000円位までが、標準的
  • メッセージカードを笑顔の写真とともに添えましょう
  • 一般的に喜ばれるプレゼント1位~5位、1位は花束
  • もらって嬉しかったプレゼント1位~5位、1位は一緒に過ごした時間
  • プレゼントを本人にカタログから選んでもらうより、あなたが選んであげよう
  • 母の日なんて!と言わずに、商業イベントに乗っかって、喜ばせよう
  • 全ての年代が喜ぶ鉄板のプレゼントは、花束と食事!
  • 40歳代のお母さんへのプレゼントは、コスメと洋服!
  • 50歳代のお母さんへのプレゼントは、美容液と洋服!
  • 60歳代のお母さんへのプレゼントは、旅行と服飾関係!
  • 70歳代のお母さんへのプレゼントは、健康器具と服飾関係!
  • 80歳のあかあさんへのプレゼントは、ズバリ!あなたです!

一年に一回の母の日です。日頃の感謝を形にして贈りましょう。頂く方からすれば、プレゼントはなんでも嬉しいものです。いろいろ悩んでくれたなら、尚の事!

ですが、やはり、母の一番の願いは、あなたやあなたの家族が元気で笑って過ごしている事ですので、メッセージや笑顔の写真を、プレゼントと一緒に、是非添えてくださいね。私からのお願いです。

スポンサーリンク