派遣の仕事を辞めるときに、一番やってはいけない事、一番にやる事、いろいろあります。「途中解約できるの?」「?不利にならない?」「ブラックリスト(?)に載るの?」「ほかの仕事を紹介してもらえるかな?」・・・心配ですね。

「どうしても続けられない」「体調が悪くなってしまった」などの時はあるものです。でも、契約はお互いが取り決めた約束です。

契約途中で解約するには、リスクが伴う事を承知しているからこそ、悩んでいらっしゃるのだと思います。

スポンサーリンク

途中解約したい!と思った時、一番にやるべき事!

契約期間の残りの日数は何日ですか?それまで、なんとか我慢できませんか?

契約を途中で破棄するというのは、派遣に限らず、全てにおいて、リスクが伴うのは当然です。今後の仕事にも、大きく関わってきます。

それでも途中解約したいならば・・・。

 一番やってはいけない事!

連絡すらしないで、突然仕事に来ずに、音信不通になることです。担当営業者は、一番困ります。辞めるのか?連絡できないだけなのか?事故にでもあったのではないか?本人から連絡がないのだからどうしようもありません。

今日これなかっただけなのか?明日以降もこれないのか?営業担当者は責任がありますので、あなたになんとか連絡を取ろうとしてくるでしょう。返して欲しい書類や、社員カードもあるでしょう。

こちらから連絡しない限り、逃げ回ることになります。迷惑をかける人もたくさんいます。

また、メール1通で、勝手に突然急に辞めてしまう事です。

  • 就業先には、多大な迷惑をかけます。企業によっては、損害の補償問題になるかもしれません。
  • 派遣会社は、次のスタッフを急いで探したり、派遣先の苦情に対応しなければならず、派遣先からのあなたの信頼をなくすことにも繋がってしまいます。
  • あなたは、二度と仕事は紹介してもらえないかもしれません。

仕事においては、正社員も派遣社員もパートも、変わりありません。ひとりいなくなってもかまわないというような、余裕のある体制で仕事が行われている会社は少ないと思います。

「辞める」特に「途中解約」は言い出しにくいですが、いきなり音信不通になることだけは、してはいけません。

一番にやるべきこと!

まず一番に、必ず、派遣会社の担当者に連絡しましょう!そして、はっきり辞める意志を伝える事です。

なかなか辞めさせてくれる雰囲気でなかったら、「この状態では、いつご迷惑を掛けることになるかわからない。働く自信がないから辞めさせて欲しい」と、言ってみてください。

営業担当者は、ドタキャンされるのが一番困ることですし、そうなるかもしれないと暗に言われたわけですから、すぐに、次の人を探し始めると思います。

その時に、いつ辞めたいか、をはっきり言う事。明日から辞めたい、来週から辞めたいでも構わないので、自分の希望をはっきり言うことです。あなたが辞めることによって営業担当者がやらなければいけない事をする時間を、あげてください。


参考記事です

職業訓練って無料なの?スゴイ!貯金も無いから給付金もらえると生活費に充てれて助かるわ~

辞めてから無料で資格を取る方法→月10万円の給付金&高額な職業訓練が無料!失業・無職の方!やらなきゃ損だよ

次の仕事どうしようかなあ、資格とったほうが有利かなあ、お金ないしなあ

転職のためにパソコン資格取りましょう→“MOS試験 word|独学、テキスト1冊で簡単合格する方法は?” 

辞めようとする前に、いっぱいいっぱいになる前に、相談してね

会社に直接雇用されているのならば、自分との間に入って交渉してくれる人はいません。でも、派遣の場合は、営業担当者がいます。一番に、相談してください。

誰にも相談できないと、一人で空回りしてしまいます。相談するだけ、話を聞いてもらえるだけでスッキリする場合もあります。

セクハラやモラハラがあるなら、特にしっかり相談しましょう。上司に直接言うわけではないから、言いやすいと思うのですが。

我慢せずに、前もって相談しましょう。

スポンサーリンク

契約と違う!

契約書と違う場合は、堂々と主張しましょう。就業時間、時給など、細かく記載されているはずです。

契約に無い残業を強制されたり、時給が違ったりしたら、それは、その理由でこちらが辞めるのではなく、派遣先が契約不履行なのですから、営業担当者に言って、交渉し訂正してもらいましょう。

それでも、派遣先が契約通りにしないならば、「契約不履行」という事で、こちらから打ち切りですね。「契約書」と「不履行だとわかる書類」は保存しておきましょうね。あとで、揉めた時に必要となるかもしれません。契約はお互いに守る義務があります。

体調が悪くなってしまった!

契約時にはなんの問題も無かったのに、突然、体調が悪くなり、仕事を続けるのが難しくなってしまった場合は、できるだけ早く、営業担当者に相談しましょう。できれば、医師の診断書があれば、間違いありません。

ストレス等の場合は、心療内科で診断書を作成してもらえる場合もありますが、ただ仕事が辛いだけでは作成してもらえません。「不眠が続いている、食欲がなく体重が落ちた、会社に入ろうとすると足が震え心拍が速くなり・・」等の症状を詳しく伝えなければいけません。

今日すぐに辞めさせてはもらえないと思いますが、診断書まで提出すれば、できる限り早く辞めさせてもらえると思います。

自分に合う仕事が早く見つかるといいですね

体調不良で退職する場合、すぐに失業保険がもらえる?

通常、自己都合で退職する場合は、失業保険は、<3ヶ月を過ぎてからしかもらえない>ですよね。

でも、自己都合で退職してからでも、体調不良が理由ならば、会社都合と同じように<すぐにもらうことができます>

但し、今は働けるということを書いた医師の診断書のようなものが必要です。例えば、腰が痛くて辞めたなら、整形外科等に受診していますよね。先生は簡単に書いてくれますよ、有料だけど(笑)

「要注意人物のリスト」が、派遣会社ごとにあります!

派遣会社内に、派遣スタッフの要注意人物リスト(ブラックリスト)なるものがあります。ここには、

  • 突然辞められて迷惑をかけられたスタッフ、
  • 契約途中で解約して辞めたスタッフ
  • 休み、遅刻、早退の多いスタッフ
  • 就業先でのトラブルが多いスタッフ

等の氏名が記入されています。特に、突然辞めたり、自己都合で途中解約したスタッフは、二度と仕事を紹介してはもらえないようです。数年が経過しても、そのリストが残ってる限り、その派遣会社で働くことは2度とできないと思います。

派遣の仕事ができなくなる可能性が!

「派遣」「辞めたい」「途中解約」等で、検索すると、いろいろな方が知恵袋等で相談しています。その回答は

  • 途中でも、辞められます。
  • なんとか説得しようしてくるけど、頑張って辞めてね。
  • 代わりなんていくらもいるので、やめてもかまいません。
  • ほかの派遣会社で仕事すればいい。

等の答えが多いです。辞めたい方を応援する優しい答えかもしれませんが、私は、回答者の自分よがりな応対で、質問者が欲しい答えを書いているだけだと思います。

会社側も、仕事をする気の無い人間を雇う事はありませんので、辞められるか辞められないかで言えば、「辞められます」。但し、その派遣会社からは、2度と仕事はもらえません。

今はまだ、リストは各会社内だけで処理されています。

しかし、非正規社員(派遣社員やパート)は増えていくにつれ、トラブルも増えてくると、「要注意人物リスト」が、その派遣会社だけではなく、グループの派遣会社すべてに共有されてしまったら、更に・・・怖い事になります。

仕事が欲しくて探しても、どこからも、仕事がもらえないという事態になってしまいます。一番近い終了日まで、頑張ってみませんか?きちんと終了したら、堂々と辞めましょう!

 それでも、途中解約したいときは、

派遣は、正社員のように、期限無く同じ場所で働かなければいけないわけではありません。1か月後、3か月後と、終了する日は必ずやってきます。

でも、そこまで我慢できない場合は、出来る限り早く、営業担当者に相談する事。「明日から辞めたい」は、ダメです。そして、相手側に少しでも迷惑をかけないようにと、自分が譲れるところは譲って誠意を見せる事です。

切羽詰まって止めてしまった場合は、他の派遣会社でなら、お仕事紹介してくれるでしょう。ただ、今度契約する時は、よく考えて契約しましょう。同じ事を繰り返すことのないように。

参考記事:50歳以上の方へ → 50歳からの仕事|おすすめの転職シニア求人専用サイト3社!

参考記事:パートで働こう → 主婦や50代女性の仕事はパートが主?あなたに合った職場をみつける方法!

まとめです。

  • 悩みが大きくなりすぎる前に、早めに相談しましょう。
  • 就業先と契約した内容と違う場合は、堂々と主張しましょう。
  • 体調不良の場合は、診断書を持って、謝罪と共に相談しましょう。
  • 音信不通、電話、メールのみでの契約中断、はいけません。2度と仕事はありません。
  • どうしても辞める場合は、次の仕事は他の派遣会社で!でも、同じことを繰り返さないようにしましょう。

仕事は、しんどい時もあります。その対価がお給料です。「お給料=我慢料」というのを聞いたとき、うまい事言うなと、クスッと笑ったものです。できれば、苦しくとも、契約終了まで務めた方が、あなたの為になると、私は思います。

でも、どうしても辞めたい場合は、しょうがありません。体を壊したり、ストレスで体調不良を長引かせてはいけません。できるだけ周りに配慮し、早めに辞めましょう。

スポンサーリンク