この年になると、基本的な事って人にはなかなか聞きにくい。よくある質問を、データーに基づいてお答えします。

失業期間が長いけど大丈夫でしょうか。学歴って重視されるますよね?人事は何を重視して選考するのでしょう。履歴書はパソコンで作成するのか手書きなのか?などなど、」聞きたいことはたくさんあります。

人事の方の一言もありますので、是非、参考にして下さい。

「ハローワーク調査「書類選考・面接Q&A~会社の人事担当170人に聞きました」を参考資料として、解りやすくデーターをまとめてみました。

スポンサーリンク

書類選考では何を重視して選考するの?

何を重視して採用を決めるのか、ものすごく知りたいですよね。今からでも、努力してできるものなら頑張りますよね。少しでも採用に近づくために、調べてみましょう。

書類選考の項目別度合です

  1. 最も重視する項目・・・「前職の仕事内容、経験、学歴」
  2. 重視する項目・・・「カバーレター」以外は全て
  3. 不必要な項目・・・「カバーレター」 

グラフから、「資格・PCスキル」は、最も重要ではないが、「他のどの項目よりも重視する度合いが大きい」、という事がわかります。「退職理由」や「応募動機」は最も重要ではなく、「仕事内容・経験」「学歴」が、重視されていることがわかります。

中高年は、PC操作を苦手とする方が多いですが、今は仕事をするには必要なスキルです。最重要ではないですが、出来て当たり前ですので苦手な方は、克服してください。

履歴書と職務経歴書は手書きでもOK?

履歴書は手書きで、職務経歴書はパソコンで書くというのが、一般的です。

応募書類の作成方法の度合

会社側も、同じように、履歴書は手書きで、職務経歴書はパソコンでとの思いが、グラフに表れています。手書きで性格を見て、印刷された書類でPCスキルを見る、という感じですね。

人事の言い分

  • 手書きでもよいがパソコン操作は必須です。修正液等の訂正が多い場合はマイナスです。
  • パソコンが使えて、更に見やすく綺麗な文章の方がよい。
  • 履歴書の手書きは性格が表れるので採用時の判断基準の一つとしています。
  • 職歴書は見やすさ重視の為、パソコン操作が良いと思います。
  • 本人自筆の方が性格等が見え人柄を想像させるので良いと思います。
  • 丁寧に書かかれているかどうかがポイントで、字の良し悪しは関係なく評価します。
  • 手書きの人は性格を見る。パソコンの人は文章を見ます。

履歴書は「手書き」で、職務経歴書は「パソコン」で、が主流のようです。

でも、一度に何社も履歴書を出すような事になった場合は、全て、手書きするのは大変です。もしも、履歴書をパソコンで作成するなら、氏名だけは手書きにしましょう。

履歴書と職務経歴書の訂正、修正液での訂正はOK?

「あっ、間違った」書き直すの面倒だな、何とかごまかせないかな、修正テープなら目立たないかな、・・・と思ったことありませんか。一文字も間違わずに書くことはなかなか難しいですね。

応募書類の修正はマイナス評価です

人事からは、不可、との答えもある通り、厳しい答えが多いようですね。

人事の言い分

  • 訂正や修正液を使うのは、これからの糧を真剣に探している人が、アピールできる書面に対して、どう思っているのかが伺えます。
  • 修正液は、不可です。
  • 人に渡す書類という考えからすると綺麗に書くべきで、間違いがあれば新しく書き直すべきです。
  • あまりに失敗が多いのは、本人資質を問われてもしかたありません。
  • パートの場合はこだわらなくても健康です。
  • 正社員の場合は、姿勢を示す意味でも労を惜しまないでください。

面倒でも、間違ってしまったら、最初から書き直しましょう。

たくさんの応募者の中から選ばれるのは数人でしょう。書類は完璧にしましょう!

失業期間(ブランク)の許容範囲は?

「失業期間が長いのは働く意欲がないからだ」と、言われる事があります。でも、働く意欲があっても、職に就けない場合には、そう受け取られるとしんどいですね。

ハローワークでは、早めの就業を進められます

失業期間(ブランク)を3か月以内とみている会社が多いのが解ります。本気で転職するなら、3か月以内が一番よさそうです。

人事の言い分

  • 失業期間をスキルアップに努め、実績として表現できれば、評価される可能性があります。
  • ブランク期間が長すぎるのは良くないとみる企業は多いです。ブランク期間に何をしていたか、です。

失業認定を受けている場合、少しゆっくりしてしまう場合がありますが、再就職するならば、3か月以内で、遅くとも半年以内が良いようです。そして、休業中に何をしていたかですね。

スポンサーリンク

学歴重視?経験・資格で緩和できる?

学歴を今更書き換えられないので、高学歴ではない場合、経験や資格でカバーできるようなスキルを身につけるしかありません。努力は必要です。

学歴は重視しますか?

実力主義になってきたとは言うものの、まだまだ学歴がモノを言うのではないでしょうか、と思っていましたが、転職の場合、学歴を重視する企業は少ないようです。

学歴を資格や経験でカバーできますか?

ほとんどが、高学歴でなくても、経験と資格で緩和できるという結果になっています。

人事の言い分

  • 学歴については、こだわりが少ない。
  • 資格や経験があれば、学歴に関係なく選考の対象となります。

経験と実績が評価してもらえるのはうれしいですが、逆に、「高学歴の方は、それだけでは安心できない。経験と資格が必要。」という事にもなりますね。

職務経歴書を作成しましたが、適性枚数は何枚?

たくさんの職種を経験したような場合や、自己PRをしっかり書いた場合など、枚数が増えてしまうかもしれません。

適性枚数は?

枚数は、「2枚が適当」という結果です。「こだわらない」も同じようですが、普及しているテンプレートも、1枚か2枚のモノが多いです。あまり長く書きすぎても、書類を要約できないと思われるようです。

人事担当者は、職務経歴書を何十枚も読みます。書いた書類を100%読んでもらうために、簡潔に分かりやすくまとめて書くことが重要です。

人事の言い分

  • 4ページに及んでも、減点になるわけではありません。
  • 短い時間内で読むので、2枚以内にまとめてあった方が読みやすく分かりやすい。

2枚以上の場合はフッターにページ数を入れましょう。また、A3用紙1ページに、A4用紙2ページを印刷して、A3用紙を二つ折りするのも良いです。

履歴書の写真はカラー?白黒?

写真は、できるだけ最近の写真を使いましょう。3か月以内に撮影の物と指定がある場合もあります。

履歴書の写真は?

「どちらでも」が多いですが、「白黒写真」は、ゼロでした。カラー写真で取るべきと思います。今は、写真を「美肌効果」とか、「シャープに」などの写真加工も、自動の写真撮影機でできます。

年齢を重ねると、肌がくすんだり疲れが顔に出たりして、写真にもしっかり反映されてしまいます。「色白効果」とか「美肌効果」を指定すると、顔が数段に明るく写ります。

仕上がった写真の印象がかなり違います。ぜひ、「美肌効果」などを使って、撮ることをおすすめします。

人事の言い分

  • 写真はできれば、カラー写真の方が良い。(IDカードに使う時がある)
  • スナップ写真の切り取りは好ましくありません。
  • 写真は、移りの良いものを使って欲しい。

写真はカラーで、言うまでも無くプリクラは論外です。

写真を張り付ける前に、裏側に、氏名を書くのを忘れないでくださいね写真が剥がれてしまう事や、IDカードで使用する為剥がす場合に、誰の写真家わからなくなってしまいます。

 履歴書・職務経歴書の用紙の大きさ

現代は、A版での書類作成がほとんどです。役所に提出する公式な書類はB版の場合もあります。

応募書類の大きさ

経験上、B5判の書類は、 減り続けていると思います。公的書類も、B5からA4に変更されたものもあります。

パソコンでの書類でしたら、A4で作成しておいて、B5に縮小印刷することもできるので、B5の指定があった場合は対応してください。手書きとは違い、便利ですね。

人事の言い分

  • こだわらないが、社内の文書がA4なので、統一したい。
  • 丁寧に記入があれば構いません。
  • ファイリングの都合上、A4に統一したい。

用紙は、基本的にA4で作成しましょう。

 まとめです

  • 最も重視するものは、前職の内容と実績と経験。
  • 履歴書は手書きで丁寧に書き、写真はカラーで「美肌効果」で撮る。
  • 職務経歴書はA4、2枚にまとめ、パソコンで作成する。
  • 失業期間の許容範囲は、3か月以内が良い。
  • 学歴は、経験と資格でカバーできる。

今回は、書き方に重点を置いて、よく質問される基本をまとめました。「人事の言い分」に記載されているもう一度、見直して、書き込んでいきましょう。

【参考資料】ハローワーク調査「書類選考・面接Q&A~会社の人事担当170人に聞きました」からのデーターをわかりやすくまとめています。

スポンサーリンク