稀勢の里、横綱引退を決意した!午後から引退会見が開かれる!

休場が長すぎ、負けが続いている横綱に、休場を許さない空気が、彼を追い込んだ?

スポンサーリンク

稀勢の里、横綱引退!午後会見!休場を許さない空気が決意させた?

今日、地元から応援団が来るはずだった。応援団は、稀勢の里のいない場所を応援することになる。

15年間、32場所全て出場!休んだことが無い相撲取りだった。関取になっても泥まみれでやっていた。

だからこそ、横綱になってから、ケガをしてしまった時に無理をして出場してしまったことが、命取りになった。

現在の部屋の親方は、元兄弟子。

親方が引退を勧めたわけではなく、自分から親方に「引退させて下さい、引退します」と。

親方は、「そうか、ご苦労さま」と。

なぜ、このタイミングでの引退かは、まだわからない。

昨日の取り組みも、先に手をついてしまった。

横綱なら、相手にかまわなければいいらしい。

小さい頃から、人を気遣う子だったらしい。横綱の重責を背負うには優しすぎたのかもしれない。

昨日からは、「可愛そう」「見ていられない」「もう引退すべき」という声が多くなった。

今日、引退が決まったら「愛されキャラ」、「勝って終わって欲しかった」、「最後に一勝して欲しかった」となった。

「勝っておごらず、負けて腐らず」が先代からの教えらしいが、厳しい。

引退を決めたなら、「お疲れ様」というしか無いのだろう。

もうすぐ、引退会見が始まる。

 

 

 

スポンサーリンク