MOS試験、Word  スペシャリスト(一般)を独学で合格しました。その勉強方法は?テキスト1冊だけで大丈夫?

高額な料金のスクールに通う必要はありません。テキスト1冊だけなら無料のようなもの。「独学はちょっと無理かも」と思われる方には、お薦めのスクールもお教えします。高額な料金のスクールに通う必要はありません。

分に合った勉強法で是非合格してください。55歳でできました。あなたにもできます!

スポンサーリンク

簡単だろうと思ってテキストを広げてみたら、う~ん、なかなか量あるじゃないの。

会社でそれなりに使っていたとはいえ、ほんの一部しか使ってないことがわかりました。資格試験って、実務にはあんまり使用しない所も勉強しなくちゃいけないんですよね。

ということで、テキスト買って、独学する事にしました。まあまあ経験のある方なら、難しくはありません。

初心者の方でも、少し勉強すれば、独学で簡単に合格できるレベルです。

やればできる!簡単だよ一発合格!

1000点満点中 982点! 1問だけ間違ってしまいました。う~ん、悔しいです!

55歳 でも、初めての受験 で、たった1冊のテキストで、独学で合格できるコツ をお伝えします。お薦めのテキスト、勉強方法、等、お伝えしますので、受験してみようと思う方は、是非、参考にしてください。

受験した教室の入り口に、年齢別の合格%が円グラフにして貼り付けりました。50歳以上は・・・5%。もっと少ないかと思っていたわ。皆さん頑張っていますね。脳トレもいいですが、せっかく勉強するなら、資格も取っちゃいましょう。

という事で、資格取ってみました。若い頃よりは、集中力が続かないし、特に、目が疲れやすいので、長時間持たないけど、それでも、合格できました。

microsoft%e3%80%80specialist%e3%80%8002

受験が終ると、その場で合否が確定します。(なんか、ちょっと嫌だったなあ)
合格すると、「試験結果レポート(上)」というのが、すぐにもらえます。

Wordスペシャリストってどんな試験?

「Word」は文書作成ソフトです。文字サイズやフォントの変更、表の作成・編集、作成した文書の印刷など、Wordの基本的な編集機能を理解している方を対象とした資格が「Word 2 スペシャリスト」です。

スペシャリストというほど大したものではない

microsoft社 の「Word」と「Excel」は、事務職ならば、できて当たり前のスキルです。今、学校を卒業してくる子ども達は授業で習っています。特に商業高校では資格を取らせることもあります。

でも、私たちの年代は学校で習っていません。ちょうどPCが学校に設置されるかされないかの頃の時代ですので、パソコン嫌いの方も多いでしょう。でも、仕事となると嫌いではすませられません。

若者に負けないように自分に自信をつける為に、制覇してみませんか?

考える
引用先:search.yahoo.co.jp/image

出来て当たり前!仕事なら必須ですね

パソコン教室に通う?通信教育?独学?それぞれの利点と欠点!

学習する方法は、いろいろあります。一般的なのが、パソコン塾に通うことですね。DVDを見ながら学習する方法もあります。通信教育もあります。そして、独学もあります。

学習方法の、利点と欠点を、見比べてみましょう。

ビデオ学習でのパソコン教室、利点と欠点

全国展開しているパソコン教室は、今は、ビデオ学習が多いようです。ビデオ学習は、ヘッドフォンをして、ビデオを見ながら、同じように真似て、操作して進めていきます。

ビデオ学習の利点は、そのまま真似ればいいから簡単に進める、解りやすい、次々と進んでいけるという事です。

欠点は、その時は理解した気分になり良い気分ですが、実際に頭に落とし込んでいないことが多く忘れやすいという事です。

ビデオを見ているだけで進んでしまうので、集中できずボーッとしていても、ビデオが終れば、次に進んでしまいます。わかった気になってしまいます。

テキスト学習でのパソコン教室、利点と欠点

その他に、テキスト学習があります。ビデオは使用せずテキストのみ使用し、解らない所があれば傍にいるインストラクターに質問しながら学習します。

テキスト学習の欠点は、自分で読み進めなければいけないので、ビデオ学習より大変で人によっては進捗が違います。

利点は、頑張った分キチンと頭にやすい事、解らない所はその場で質問できる事です。

画像を見ているだけの受動的な学習と違って、自分から学習する主体的な学習法です。だから、テキストが終了した時には、記憶されている確率が高い、という事です。

高額な大手のパソコンスクール、利点と欠点

素敵な女優さんがコマーシャルしてると、つい話を聞いてみたくなりますね。とりあえず、行ってみようという気になります。

全国展開している大手のパソコンスクールには、テキスト学習もビデオ学習もありますが、細かいレベルに分かれていて、レベルごとにレッスンを申込み、その度に費用が発生します。

試験対策講座とかを別レッスンで設けていて、受講するように上手に誘導されます。もちろん別料金です。

一度、受講したことがあるのですが、テキストに少し応用をきかせたことを質問したら、嫌な顔をされて、「聞いておきます」といわれ、そのまま答えていただけませんでしたね。基本、インストラクターは、テキストの中の質問しか受け付けてくれません。

また、NETにて資料をより寄せたら、何度も勧誘の電話がかかってきました。営業努力は素晴らしいですが、少々面倒になりました。

通信教育、利点と欠点

通信教育という手もあります。送付されてきたDVDで学習する、または、IDとパスワードをもらってNETでログインし学習を進める、等があります。

コマーシャルもしている専門学校のDVDを見せてもらったことがありますが、授業形式でとても解りやすいですし、受験日まで時間がない場合、まとめて見る事ができるし、何度も家で見ることができるので便利です。

とりあえず、とっかっかりには良いですが、合格までは導けるかどうかギリギリといったところです。少々内容が足りないと思います。確実に合格を目指すなら、テキストでの勉強も必要だと思います。

独学、利点と欠点

独学は、あなたの気持ちの強さだけです。自分で計画を立てて、自分で実行する!これができるかできないかです。

Wordの基本は難しくはありません。十分にテキストだけでできます。そして、費用は、テキストの数千円で済みます。

私は、たった1冊のテキストだけで合格できました!

Word スペシャリスト 試験費用など

試験の費用が思ったより高額で、ビックリしました。一度で、合格したいですね。

一般価格:10,584円(9,800円+消費税8%)

試験時間:50分

出題形式:コンピュータを使った実技試験(CBT試験)

試験概要、出題範囲、試験方法、試験環境、受験資格、申し込みについては、こちらからどうぞ。

※CBT試験って、聞きなれない単語ですね。
コンピューターを利用して行う試験方式の事で、問題が画面に表示され、キーボードやマウスで操作して回答します。ですので、問題用紙はありません。全てが、コンピューター上で行われます。私たちにはなじみが薄いので、慣れが必要です。

スポンサーリンク

 お薦めのテキストと合格のコツ! たった1冊これだけ!

楽天やAMAZONでなら、中古でかなり安く手に入りますよ。自動採点のCD-ROMがついています。

WORD
引用先:https://www.amazon.co.jp/

私が使用したお薦めのテキストの最新版です。

MOS攻略問題集 Word  ※模擬テストDVD-ROM付属 ¥1944-

この1冊を理解すれば、合格します!

 3週間で合格する為の計画

MOS攻略問題集を1冊勉強するだけで、Wordスペシャリストに合格できます。

全くWordを見たことも無い、という方は、慣れるのに少し時間がかかるかもしれません。少しでもやった事のある人ならば、知っている項目は簡単に進んでいけるので、大丈夫です。

テキストの内容と具体的な勉強方法

本の内容は、問題だけではありません。

  • 第1章 文書の作成と管理
  • 第2章 文字、段落、セクションの書式設定
  • 第3章 表とリストの作成
  • 第4章 参考資料の適用
  • 第5章 オブジェクトの挿入と書式設定
  1. この5章を10日かけて理解します。ページ数にして約230ページです。
  2. 巻末に模擬練習問題が7回分ありますので、1日目は模擬練1回目と模擬練2回目、2日目は模擬練2回目と模擬練3回目、3日目は模擬練3回目と模擬練4回目という感じで進めます。この時必ず、できなかった問題、ひっかっかる問題をチェックしてください。チェックした個所は、最終日に、再度確認します。
  3. 試験とほとんど同じ環境で回答できる模擬テストが5回分あります。試験は、問題用紙はありません。問題は画面内で見ます。やり方に慣れる必要があります。この模擬テストは、同じ環境でテストをやってみれますので、必ず試してください。また、模擬練同様、できなかった問題、ひっかっかる問題をチェックしてください。最後の最後にもう一度確認します。
  4. 試験前日に、模擬練と模擬テストでチェックした問題を、しつこく何度も、解きます。

合格のコツ

  1. 余分なテキストをやり過ぎない
  2. 模擬テストを利用して、試験方法に慣れておく
  3. 成果物を作る試験なので、できるだけ最初から順番に解く。

Word2013より前の試験は、一問一問独立していて、答えられない問題があっても次の問題には影響しませんでした。

Word2013からは、成果物を作成する(完成されたページを作成する)試験なので、問題を飛ばして続けた場合、次の問題ができなかったり、勘違いして問題の意図を理解できなかったりしますので、焦らないで解いて下さいね。

どうしても1冊だけでは心配な方へ

もっと問題を解いてみたい、1冊では心配ならば、次のお薦めはこのテキストです。このテキストにも模擬テストがついてますので、やってみてください。

WORD
引用先:https://www.amazon.co.jp/

Microsoft Office Specialist Microsoft Word 2016 対策テキスト& 問題集 (よくわかるマスター) 

定価 2,160 円 (本体 2,000 円) 添付 自動採点付き模擬試験CD-ROM

試験対策ではなく、実力を付けたい方のテキストはコレ!

試験のみでしたら、ご紹介したテキスト1冊で十分ですが、詳細に解りやすく解説されているテキストで実力をつけたい方は、こちらもお薦めです。

これは基礎版ですが、応用版もあります。両方だと、ボリュームありますが、実力をつけたいなら頑張って下さい。

Microsoft Excel 2016 基礎 (よくわかる)
引用先:https://www.amazon.co.jp/

Microsoft Excel 2016 基礎 (よくわかる)

最後まで読んでいただいた方に、ちょっとしたアドバイスです

最後に、私が1問解けなかった理由です。試験前にこれだけはチェックしておけば良かったと、後悔しました。その為に焦ってしまい、時間が無くなってしまいました。それは、試験を受ける教室のモニター(画面)の大きさを必ず確認する!  という事です。

私が受験した教室の画面はいつも使っている画面よりかなり小さくて、リボンの中の文字が表示されませんでした。文字が省略されてしまって大変やりにくかったです。

やはり、いつもの画面と同じ大きさの画面を使って試験を受けた方が有利です。

19インチが標準の画面のようです。それより大きい画面でいつも操作されている方は、WORDの画面を縮小して、模擬テストをやってくださいね。

まとめです

  • 1冊のテキストを勉強すれば、十分に合格できる
  • 模擬テストを利用して、試験のやり方(CBT試験)に慣れておく
  • できるだけ、最初から順番に解く。
  • 試験会場の画面の大きさを確認しておく。

スクールに通うなら、テキスト学習で、インストラクターが傍にいる低料金の教室がお勧めです。

では、頑張ってください!合格をお祈りします。

質問等ございましたら、メルアドを入力してコメントください。私で宜しければ、できる限りお答えさせていただきます。

(悪戯等でない限り、個人的にメールで返信させていただきます) メルアドは公開されませんが、コメントは公開されますのでご注意ください。

スポンサーリンク