パートでも失業保険をもらうことはできます。正社員だけの制度ではありません。ただ、条件があります。難しくはありませんので、下記で、確認してみてください。

失業すると、毎月の定期収入が無くなってしまいます。大変不安ですね。それは、正社員だってパートだって同じ。正社員と同じ仕事を同じ時間こなしているパートさんは大勢いらっしゃいます。

もし、雇用保険に加入させてもらえるなら、加入してくださいね(本当は、条件を見たせば加入しなければいけないのです)

スポンサーリンク

失業保険をもらう為に、確認しましょう

会社を辞めた後、なかなかすぐには次の仕事は見つかりません。少しでも、失業保険を頂けるのはありがたい事です。

確認1・雇用保険に加入していますか?

雇用保険の被保険者でなければ失業保険はもらえません。

被保険者かどうかわからなければ、毎月のお給料明細を見てください。雇用保険が天引きされていませんか?天引きされているなら、雇用保険に加入していますので、OKです。

また、「雇用保険被保険者証」をもらった覚えはありませんか?下記のような保険者証です。もし、無くしてしまっているのでしたら、最寄りのハローワークで再交付してもらう事もできます。

もし、無くされていたら、

雇用保険被保険者証交付申請書←ここから、再交付申請書がダウンロードできます。

確認2・雇用保険に加入していた期間を確認してください

一定期間以上、雇用保険に入っていなければいけません。

退職日以前の2年間に、12か月以上、雇用保険料を納めていた事この12か月というのは、ひと月に賃金の支払い日数が11日以上あった月である事。(つまり、12か月以上被保険者であった、という事になります)

解雇された場合は、離職の日以前の1年間に、6か月以上被保険者であった場合でも、良い。

確認3・積極的な再就職への意思がある事も支給の条件です

失業保険というのは、「本人やハローワークの努力によっても就業できない失業状態にあるときに支給される」という決まりがあります。ですので、就職できない状態にある場合や、就職する意思がない場合は、受給できません。例えば、

  • 病気・怪我の為、就職できない。
  • 妊娠・出産・育児の為、就職できない。
  • 定年で退職したのでもう働く気はない。
  • 結婚したので、しばらく働く気はない。

以上のように、働く意思がない、働けない場合は、失業保険が受給できないので、注意しましょう。

確認1・2・3に当てはまるなら受給できます。が・・・

受給できる条件が揃ったとしても、何もしないでも、毎月受給できるというわけではありません。ココでは、さわりだけですが、「受給し続ける為に、これだけは気を付けなければいけない」という事を覚えておいてください。

支給を受ける人は必ず覚えておいてくださいね。

  • ひと月に2回、求職活動をしなければいけません。
  • ひと月に1回、認定日(指定された日)の指定時間にハローワークにいかなければいけません。

これをやらなかったら、その月の失業保険はもらえなくなってしまいます認定日を忘れると悲惨な事になります。(病気でハローワークに行けない場合でも、必ず証明書が必要です)

「求職活動」とか「認定日」とか、今はまだわからないと思いますが、受給時に説明があります。いろいろ説明されたり、やらなければいけなことがたくさんあったりして大変ですが、この2つの事は、最重要項目として、覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク

あなたは、雇用保険に加入していますか?

会社・個人事業所の区別なく、労働者を一人でも雇用する事業者は、雇用保険の適用事業者となります。そして、1人でも労働者がいれば、会社は雇用保険に加入させなければならないのですが、あなたは加入していますか?

雇用保険の加入条件

正社員は、当然、雇用保険に加入します。

パートタイム労働者(アルバイト・パート・派遣社員)は、下記のような条件があります。

  • 1週間の所定労働時間が、20時間以上
  • 31日以上継続して雇用される見込みがある
  • 雇用保険の適用事業所に雇用されている

この3点をクリアするなら、雇用主は、パートタイム労働者も雇用保険に加入させなければなりません。が、現実問題として、加入していないパートタイム労働者は多いと思います。

パートでも、失業保険はもらえます。しっかり確認しましょう

雇用保険料っていくら?

一般の事業でしたら、被保険者は0.4%、事業主は0.7% で、合計1.1%になります。(一般でない業種でも、プラス0.1%程度です)

例えば、100,000円のお給料だと、個人負担が400円、会社負担が700円という事です。この金額で、失業時に、失業保険やその他の職業訓練などが受けられるならば、加入しておいた方が良いです。

会社としては、加入させなければならないのですが、会社負担分があるので、知らぬ顔をする場合もあります。そういう会社でしたら、こちらから上手にお願いして加入させてもらいましょう。

雇用保険の適用が拡大され、65歳以上でも適用されます。

平成29年1月1日から、65歳以上でも雇用保険が適用されます失業した場合の、失業手当は、65歳以下とは少し異なりますが、適用拡大されたことはうれしいですね。

まとめです

失業保険をもらう為に確認する事は、

  • 雇用保険料を払っている(雇用保険に加入している)
  • 雇用保険に加入していた期間が、過去2年以内に12か月以上ある
  • 会社都合での解雇の場合は、1年以内に6か月以上ある
  • 次に就職する意思はある

上記に当てはまるなら、失業後すぐに、ハローワークへ行って手続きしてくださいね。

パートタイム労働者なのに、雇用保険に加入していないなら、

  • 雇用保険の適用事業所で働いている
  • 1週間で20時間以上、働いている
  • 31日以上継続して働く予定だ

上記にあてはまるなら、雇用保険に加入させてもらえるよう、会社にお願いしましょう。(というか、加入しなければならないのですがね)

雇用保険料は、社会保険料に比べれば微々たるものです。失業時には大変役立ちます。

スポンサーリンク