「残業が出ない?」「有給休暇なんて有るの?」「勝手に解雇されてしまう事ある?」「頑張っても更新されないの?」

パートタイムで働こうと決めた時にいろいろ心配になる事がありますね。心配事はさっさと解消して、スッキリと楽しく勤めに行きましょう 

スポンサーリンク

パートで、いつまでも働き続けられますか?

パートやアルバイトって、契約社員みたいに期限を決めて働くのかな?パートの場合、期限を指定されない事の方が多いように思います。決めても決めなくても良いのですが、仕事を辞めるときに違いが出てきますので、注意しておきましょう。

雇用期間を決めて、雇われる場合

原則として、1回の契約期間の上限は3年です。満60歳以上の場合は、1回の契約期間の上限は5年です。

契約期間を定めたら、やむを得ない事情が無ければ、契約を解除することはできません。(1年を過ぎれば、いつでも退職することはできます)

労働契約をするときに契約期間も明示しなければいけなくなり、(平成25年4月1日から)更新の有無、更新を行う基準も必要となりました。

雇い止めの問題

契約期間を決めても、期間終了後更新されずに、説明も無く終了してしまう事が、問題になっています。

「契約を1回以上更新して、更に1年以上継続雇用している労働者には、その希望に応じて、契約期間をできるだけ長くすように努めなければいけない」事になっています。

更に「雇い止めされてしまう時は、契約金満了の30日前までに予告が必要」です。

雇用期間を決めずに、雇われる場合

整理解雇(会社の業績不振等)などの合理的理由がなければ、解雇できません。また、30日以上前に解雇予告が必要です。これは、雇用期間が決まっている場合も同じです。

合理的理由とは、

  • 本契約を更新しない事が既に取り決められていた、更新の上限をすでに決めての前回の更新だった。
  • 担当していた業務が終了した、または、中止となった。
  • 事業縮小の為
  • 業務を遂行する能力が十分ではない為
  • 無断欠勤など、職務命令に対する違反行為をした

などです。穏便に働いていれば大丈夫です。

パートタイムで残業した時、時給の割り増しは有りますか?

働き続ける為に、残業手当や有給休暇は欲しいですよね

パートは短時間の方が多いですが、正社員に負けないくらい長時間働く方もおられます。パートでも長時間労働する方が増えてきているのも現状です。

こういう方達から、よく、「残業代が出ない」という話を聞きますね。パートでも残業代がもらえるのでしょうか?割り増しとかしてもらえるのでしょうか?

法定労働時間を超えた場合は、割り増しになります

法定労働時間、1日8時間、週で40時間です。これを超えると割り増し賃金が支払われることになります。

割り増しとしては、月60時間までは、通常賃金の2割5部以上、月60時間を超せば、通常賃金の5割以上です。

ココで注意しなければいけないのは、通常は1日7時間働いている場合だとすると、1時間余分に働いても、残業にはならないという事です。法廷で決められた範囲内の時間では、残業割増しにならないということです。

また、法定休日に労働させる場合は、3割5分以上の割り増し、深夜労働の場合には2割5分以上の割り増しなります。

また、代替え休暇を付与することもできます。以前私が勤めていた会社は、この休暇をとらせようとしていましたね。

雇用されるときに、残業の有無は確認しましょう

残業代の割り増しも大事ですが、残業が有る無しでは、体力精神力とも違ってきます。後々、トラブルが起こらない為にも、雇用されるときに、確認しておきましょう。

パートに有給休暇はありますか?

パートであっても、6か月間継続して勤務し、決められた労働日数の8割以上働けば、年次有給休暇がもらえることになっています。(労働基準法)

下記の表を有給休暇の日数の目安にしてください

有給休暇の日数は、週の労働時間や労働日数により決められます。以下の表を見てください。

継続勤務期間における年次有給休暇の日数

例えば、パートで2年働いていて、週では25時間、週で3日、年では150日働いているならば、6日の有給休暇を取得出来ることになります。

有給を取らなかったら、次年度への繰り越しはありますか

付与日から起算して2年ありますので、翌年度に繰り越すことができます。但し、退職日以降に取得はできません。

いつでも、有給取れますか

正社員の方も、同じだと思いますが、急に取る事はせずに、上司に確認してください。会社の運営の妨げになったり、繁盛記の場合は、申請された日を変更できることになっています。

周りの方の諸事情も考えて、取得してくださいね。

まとめです

  • いつまでも働き続ける為に、雇用時に、更新と残業関係は、確認しておきましょう。
  • パートでも、法廷通りの残業割増しがあります。
  • パートでも、有給休暇を取得できます。

雇用時に雇用条件は必ず確認しましょう。パートで働く方が増え、特に中高年は今後も増え続けます。もっともっと制度が拡大し、働きやすくなるといいですね。

スポンサーリンク