住民税の100万の壁、所得税の103万の壁、社会保険の130万の壁は106万の壁に?そして2018年には配偶者控除が無くなるかも?!増えるかも?!

どんどん、制度が変更されようとしています。注意深く見守る必要があります。

スポンサーリンク

パートの収入が入ると、税金は高くなりますか?

パートの収入は、給与所得となりますので、所得税と住民税がかかってきます。収入が限度を超えると、支払わなければいけなくなります。その境目を「〇〇〇万の壁」と、よく言い表しますね。

住民税「100万の壁」

住民税とは「市町村民税」と「都道府県民税」を合わせた地方税です。

年収が100万円を超えると、超えた額に対して住民税が課税されます。(所得割)

均等割りの住民税は、非課税の範囲が地域によってちがいますので、市区町村に確かめてみてください。

なお、所得から控除できるものがあります。社会保険料は全額、生命保険料と損害保険料は一定額まで、月額10万円までの通勤手当が、控除されます。

所得税「103万の壁」

所得税とは、給与等の所得額に応じて支払う税金で、年収が103万を超えた時に課税されます。

103万を超すと、次の3つが変わります。

  • 自分自身で、所得税を払わなければなりません。
  • 配偶者の所得税の算定で、配偶者控除を受けることができなくなります。
  • 会社によっては、103万を基準として会社独自の配偶者手当が支給されている場合は、無くなります。

世間一般では、主婦のパートを103万までで調整しながら、働くという事は、よく聞きます。103万を越してしまった人が急な負担を強いられないように、配偶者特別控除もあります。

年収と税金

年収額から見れるように、解りやすいように表にしてみました。

パートタイム労働者の年収に置いての税金

あなたは、どこに当てはまりますか?

100万を超えてしまうと、住民税を支払わなければならなくなります。

103万円を超えてしまうと、更に所得税を支払わなければいけなくなり、配偶者控除が受けれなくなり代わりに配偶者特別控除が受けれます。

スポンサーリンク

配偶者控除

パートの収入の年収が103万以下の時に、配偶者の所得から、配偶者控除が受けられます。控除される金額は、所得税38万円住民税33万円です。

配偶者特別控除

パートの収入の年収が、103万を超えてしまうと配偶者控除は受けられなくなりますが、年収が141万未満で、尚且つ、配偶者の所得が1000万円以下なら、配偶者特別控除が受けられます。

141万までに、段階がありますが、大体は、下記のような表のような感じです。

このように103万~141万まで段階をおって、控除額が減額されます。

103万を超えたからといって、急激に負担が増すことの無いように、配偶者特別控除があります。図のように、少しづつ控除が減額されます。

悩み
https://www.stockvault.net

制度が変更されると、お財布に直に、大打撃です

「配偶者控除」は無くなる?増える?!「夫婦控除」ができる?!

2018年1月に配偶者控除が廃止されるともいわれていますし、逆に、103万の控除が150万に増えるとも言われています。まだまだ、迷走しているようです。

配偶者控除では無く、夫婦控除」が導入される見込みともいわれています。そうなると今までの控除が無くなり専業主婦の家庭は増税になるでしょう。

「夫婦控除」とは、世帯の控除額を、夫婦それぞれの年収に関係なく、76万円にする、という制度です。

この変更で、大打撃を受けるのは、妻が65万円以上141万円以下の収入のある世帯になります。

打撃を受けると言われる世帯の方は、ご心配だとは思いますが、まだ、見込みですので、注意深く見守りましょう。

社会保険「130万の壁」から「106万の壁」になっていく。

2016年10月に「130万の壁」が一部、崩れました。

2016年9月までは

原則として、年収が130万円未満の場合は「健康保険の被扶養者」になることができます。被扶養者になると次のようになります。

  • 被扶養者には保険料がかかりません。
  • 扶養する配偶者の保険料も増えません。
  • 配偶者が被用者年金の被保険者の場合は「国民年金の第3号被保険者」になり、自分自身で保険料を納めなくても、収めた期間として扱われます。

つまり130万円以内なら、保険料を払わずに保険制度を利用できることになります。扶養者の人数が多ければ多いほどお得という事ですね。

2016年10月からこう変わりました。

  • 年収が106万円以上
  • 勤務時間が1年以上であり、且つ、週の勤務が20時間以上
  • 勤務先のパートが501人以上
  • 学生以外のパート

この条件に当てはまると、保険料を支払う必要があります。月収にして8万8千円以上で、かなり大手の企業にパートで働いている方が、あてはまります。

また、今後は、もっと規模の小さい会社にも当てはめていこうとしており、社会保険の加入対象者を増やそうとしています。今後も、目が離せない話題のひとつです。

まとめです

  • 住民税の100万の壁(住民税を支払わなければならなくなります。)
  • 所得税の103万の壁(更に所得税の支払い、そして配偶者控除が無くなり、配偶者特別控除になります)
  • 「配偶者控除」が撤廃され、「夫婦控除」に変更されるかも?!見守っていきましょう。
  • 社会保険の被扶養者の条件が、一部変わりました。

直接、お財布に大打撃を与える制度が、どんどん変更になっています。パートタイム労働者としては心配がつきませんが、しっかりと次を見守っていかなければいけません。

税金は、必ずおさめなければいけません。理解してはいますが、増税に大きく傾くばかりで、私たちの給与収入は、伸び悩んでいます。もっと、私達女性が、主婦が、政治や制度に対して声を上げていかなければいけないのではと思います。

スポンサーリンク